Hola! Buenos días
ヨルスペ講師Mariです。
東京は昨日が暖かったため、現在の気温は10度くらいですが少し寒く感じられます…
この温度差は風邪などに注意しないといけませんね。。

今日はヨルスペを運営していてよく頂く質問があるので、その話について書きたいと思います


みなさんがスペイン語を勉強するにあたって悩まれるのが「スペイン語の辞書選び」

「書店に行ってもたくさんの辞書があってなかなか一つに決めることが難しい」
「何かオススメの辞書があれば教えて下さい」

こんな声をよく耳にします


そこで私がオススメしているのは2つです。

▶︎電子辞書派の方
CASIO(カシオ)の「EX−wordシリーズ」がオススメです。
現在はXD-U7500モデルが販売されていると思います。

こちらのシリーズは西和、和西ともに充実し、
私も留学先に持っていきましたが、不自由することはありませんでした。

また、やはりいつでもどこでも持ち運べるので、私はほとんどどんな時でも鞄に入れています。
友達と会うときもです(笑)
移動中にふと何かしらの単語が頭に出てきて調べたい、こんな時にいつも助けてくれます


▶︎紙派の方
これからスペイン語を始めたい方向けですが、
白水社「スペイン語ミニ辞典 Diccionario de Bolsillo del Español.」がオススメです。
bolsilloとは「ポケット」の意味、よって、これはスペイン語ポケット辞典です。

西和・和西どちらもついており、大学の第二外国語のスペイン語の授業のために使っていました。
何よりもコンパクトなので、いつもレッスンに持っていっていたのを思い出します。
紙のいいところは自分の字でメモを取れ、それが後から見直せるところですよね。
関連する単語のページ数なども書き込んでおりました。

ただポケット辞書ということもあり「コンパクト=基本的な単語重視の辞書」です。
専門的な単語を勉強される際には、次のレベルとしてもう少し厚めの辞書に変更されるといいと思います


▶︎結局どちらがオススメなの?
ではどちらが「一番オススメなの?」という質問を頂くとするのであれば
どちらのタイプも使用経験があるのでそれぞれのメリット・デメリットがあり個人の好みにもあるとは思いますが、中級までの方であれば個人的には電子辞書をオススメします

理由は、「動詞の活用形」から単語を調べることができるからです。

スペイン語は主語に合わせて動詞が現在形・過去形・未来形・接続法現在形など、
沢山の形に変化します。
この時、単語が辞書で見つからないと、勉強する気力が無くなってしまいますよね…
そこでとても助けになってくる機能が、この「変化形検索」だと思います
私も留学中何度助けられてきたことか・・・w

(↓上から二段目にあるのが「変化形検索」機能です^^)  
ヨルスペ/オススメのスペイン語辞書


いかがでしょうか?
これは私個人の意見ですので、もしみなさんが実際に手に取られて
「使い易そうだな」と感じるものがあれば、それをぜひお選び下さい★
また費用面で電子辞書は少し値が張りますので、そちらも合わせて検討してみてください!


もし電子辞書が気になる方は、ヨルスペでCASIO(カシオ)の「EX−wordシリーズ」をお見せ出来ますので、
宜しければお気軽に私までお声をお掛け下さい^^

みなさんのスペイン語学習のいい相棒が見つかりますように

それでは、Hasta la próxima!